館内の検索はコチラ

|文字を大きくするには|

しぜん ぶんや
しょくぶつ
どうぶつ
かんきょう

みんぞく ぶんや
くらし
れきし
ちり

ねんぴょう
無題ドキュメント

ようこそバーチャル博物館”やないコミュニティーミュージアム”へ

 
  心身ともに健全で、社会や文化の発展に貢献できる、人間性豊かな人づくりは、時代を超えてかわらない人間としての切実な願いです。
現在は、変革の時代、混迷の時代、国際競争の時代であり、あらゆる学校や地域で、学校改革・教育改革の必要性が叫ばれています。
 学習面でも、目に見える学力の低下が国民の大きな関心事になっています。学力テストの成績の低下自体は好ましいことではありませんが、さらに問題なのは、学力の基礎条件としての子どもの興味・関心や学ぶ意欲の低下が指摘されていることです。あらゆることに興味・関心をもつことや、学ぶ意欲がなければ、どんなに強制的に学習させても、長期的には伸び悩み、学んだことの応用力を働かせる姿勢や発想が生まれてはきません。この背景には、知識と現実および知識と行動が結びつかず、実態認識を伴わないまま言語のみの知識だけが求められていることが考えられます。
21世紀は自己責任の社会だとよく言われます。大学に合格した後も学ぶことに興味をもち、社会人になっても学び続けることが大切な時代といえます。自分の道は自分で切り開いていける力を付け、そして健全な社会を築いていくためにも、生涯にわたって学び続けることが必要になってきます。生涯学習体系の一環としての学校教育を通して、子どもたちに「学ぶこと自体が面白いと感じること」を身に付けさせるためには、内発的動機付けが大切です。
 「やないコミュニティーミュージアム」は、教育活動の場所を学校の外に求め、その場所を創っていく取組です。歴史、自然、文化、技術など身近にある素材に目を向け、学び、新しい息吹を吹き込んでいく“まちづかい”の理念を具現化するものとしての機能が期待されています。
 「やないコミュニティーミュージアム」は、学校・家庭・地域それぞれの教育的機能を見直し、変革し、高める大きな可能性を秘めた構想であり新しい教育システムの創造に資する活動です。子どもは父母や家族によって育てられるのはもちろんですが、近所の人々、子ども仲間、地域の人々によって育てられることの重要性を認識し、「しなやかで社会力のある人づくり」を目指すものです。人と人とのかかわりによる温かで潤いのある生涯学習社会を実現し、社会関係資本の蓄積に努め、それをみんなで享受しあう場の構築にどうかご参加ください。そしてバーチャル博物館を充実した学習の場として共に創り上げていっていただけることを切にお願いします。

柳井市教育委員会     
教育長  高井 孝則



Copyright © Yanai Community Museum, Yamaguchi. All rights reserved.